モンテカルロ法は、賭け金を含む3倍配当のゲームに大変有効です。しかも、少ない軍資金でギャンブルを楽しめるのは最高です。
ポピュラーとされているマーチンゲール法は、負けが続いた場合には軍資金が大きく減少してしまいます。その点モンテカルロ法によるマネーシステムを活用すれば、資金が底を尽いてしまいにくく、長くカジノプレイを楽しむことができますよ。

さっそくモンテカルロ法の方法について話しを進めていきましょう。
まず対象とするゲームなのですが、賭け金を含めた払い戻しが3倍の配当となるゲームを選択してください。
モンテカルロ法は数列を利用した攻略法であり、紙にペンで「1・2・3」と数列を書き込みましょう。
1回目の賭け金額は、右端の「1」と左端の「3」を足した数字である「4」、つまり4ドルを賭けます。
勝てばOK。
負けた場合には、直前に賭けていた数字を数列の右端にいれていきます。
そして2回目の賭け金額ですが、右端の「1」と左端の「4」を足した5ドルを賭けましょう。

続けて負けてしまい、5連敗した場合の数列は「1・2・3・4・5・6・7」。
6回目の賭け金額に関してなのですが、直前に賭けていた金額は8ドルですので、右端に加えると数列は「1・2・3・4・5・6・7・8」。

左端の「1」と「8」の和が「9」となりますから、6回目は9ドル賭けましょう。
ここでようやく勝ったとしましょう。

勝った場合には、数列の右側と左側をそれぞれ二つ消し込みます。
「3・4・5・6」となりますね。

そこへ直前に賭けていた9ドルの「9」を右端へ加えてください。
出来上がる数列は「3・4・5・6・9」。

7回目に賭ける金額は左端と右端の和ですから、「3」プラス「9」で「12」となります。
つまりモンテカルロ法に従うならば、12ドルを賭ければよいことになるのです。

このように、勝った場合には両端の数字を二つずつ消し込んでいき、数字が一つだけ残るか、すべての数字が消えた場合には1セット終了したと考えて下さい。
1セット終了したならば、再度「1・2・3」の数列から始めてみましょう。
基本的には1セット終了した時点でプラスを獲得できますから、セット終了を目指して頑張ってください。
同じくマネーシステムとなるマーチンゲール法と比較した場合、連敗が続くことで賭け金の総額が大きく膨らんでしまうことがありません。ただし、セットの終了まで時間がかかることが多く、メモとペンを用意しなければならない点がデメリットとなります。

興味が湧いてきたならば、オンラインカジノで試してみてはいかがでしょうか?

モンテカルロ法にはメモが必要