マーチンゲール法とは、ギャンブルなどで利用するシステムベットです。
そして、システムベットとは理論によって培われた賭け方と考えてください。
ちなみに、マーチンゲール法の名前の由来についてなのですが、これは南フランスのマーティギュー地方に由来するそう。
こちらの地方出身者に、この方法を好むギャンブラーが多かったことから、名前が付けられました。
このシステムベットは勝つまで倍賭けする方法。連敗しても1度勝てば必ずプラスにすることができるのです。
基本的には勝率50パーセント、1倍配当のゲームを選択してください。具体的には、ルーレットの赤黒や偶数奇数など。

1ドル賭けて負けたら次回は倍の2ドルを賭けます。
さらに負けたら倍の4ドル。
さらに負けたら倍の8ドル、といった具合。

勝てば賭け金を元に戻せばよいのです。
とにかく、万一負け続けたとしても、1回勝てばプラスを出すことができますから、ギャンブル初心者にとりまして夢のような方法ではないでしょうか?

システムベットはいくつかの種類が考案されているのですが、マーチンゲール法はそれらの基本となります。
システムルールが非常に簡単となっていますから、ギャンブル初心者も取り組みやすいのです。
また一般的なギャンブルのみならず、さまざまな投資などにも応用されています。そのため、マーチンゲール法における理論を学んでおくことは重要。
「マーチンゲール法を実行したら、必ず勝てるのでしょうか?」ギャンブル初心者から、このような声が聞こえてきそうですね。
確かに理論上は負けることがありません。ただし、ギャンブルは理論通りに事が運ぶわけではないのです。
マーチンゲール法の弱点とされているのは、連敗を重ねてしまったとき。10連敗してしまいますと、1ドルから始めても1023ドルを失ってしまいます。
さすがに、精神的に追い込まれてしまうことでしょう。当然のことながら、自己資金残高を考えながらギャンブルを楽しむようにしなければ、とんでもないことになってしまいます。
またカジノゲームに設定されているMAXベットを無視することはできません。賭け金の上限を指しているMAXベット。これが設定されていますから、連敗が続いたとしても取り返せない可能性があるのです。
ここにマーチンゲール法の弱点が存在。実際、マーチンゲール法で痛い目に遭ったギャンブルの先人たちが大勢いるのです。

そこで、マーチンゲール法を活用するならば、自分なりに工夫を凝らしてみてはいかがですか?
連敗数を設定しておき、極端な賭け金額となる前に元へ戻すようにすれば、傷が深くならずに済みますよ!